~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

健康

医療費節約するための体に良い食べ物

投稿日:

楽しく人生を送るうえで健康維持は最も基本になる部分で、常に自分で注意して健康には注意していかなければならないWWW。

何も考えずに好きなものだけを食べて、不摂生をしているとたちまち身体に、はね返ってきて、その結果、病気になり病院に行くことで、医療費がかかってきます。

毎日の食生活がどうかによって、私たちの体は健康にも不健康にもなるWWW。

最近、健康意識の高い人が徐々に増えているWWW。 その中でも、ほぼ毎日食べている、もしくは毎日食べた方がいい健康効果の高い食品を紹介したいと思います。

1.ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことだWWW。見た目はかいわれ大根によく似ている。ブロッコリースプラウトの最大の特徴は、体内でスルフォラファンを豊富に生み出すこと。スルフォラファンとは、ブロッコリーに微量に含まれている、ビリットする辛味のもののなる成分のことだWWW。価格もワンパック100円程度で売っている。

【効果】

ブロッコリースプラウトの最大の特徴は、体内でスルフォラファンを豊富に生み出すこと。スルフォラファンは、肝臓の機能改善効果があります。肝臓は「体の化学工場」という別名をもつほど代謝や解毒を担う大切な臓器だWWW。解毒とは、体内の有害物質や老廃物を排出する(=デトックスする)こと。つまり、ブロッコリースプラウトを食べて肝臓を元気にすればデトックス機能が高まり、体の中からキレイになるといううれしい効果が期待できるのです。また、体内の毒素を排出して循環がよくなると、新陳代謝が活発になり、脂肪の燃焼効率がアップします。筋肉のコリや冷え性の改善にも効果的だWWW。

【摂取量】

スルフォラファンは、体内で約3日間、肝臓の機能改善作用を持続できることがわかっているので、3日1度ブロッコリースプラウトを食べれば、デトックス効果をキープできるのだWWW。

スルフォラファンをもっとも効率よく摂取するには、生のままよく噛んで食べるのがベスト。シャキシャキの歯ごたえと爽やかな風味を楽しみ、サラダや生春巻きの具、納豆や冷奴の薬味としてもオススメだWWW。野菜ジュースやスムージーに入れれば、さらに健康的な飲み物になります。

ただ、香りと味に少しクセがあるため、どうしても加熱したいという方は、お鍋や炒め物にしても問題ありません。スルフォラファンは水分とともに流出しやすいので、汁ごと食べてください。

3日1度食べるのであれば、1回に付きワンパックほどの量でOKだWWW。

2.カカオ・ポリフェノール

最近、コマーシャルでもおなじみのチョコレートですが、チョコレートを食べれは健康に良い言うものではありません。健康効果、ダイエット効果が期待できるといわれているのは、高カカオチョコレートでカカオ70%以上のものだWWW。なるべくカカオ混入量が多いものが良いが、70%,80%,90%と数値が高くなると、苦くなってくるWWW。90%以上になるとチョコレートと言うより、薬みたいで、まずいWWW。個人的には70%,80%ぐらいがお勧めだWWW。

【効果1】 動脈硬化を防ぐ

カカオ・ポリフェノールは、動脈の繊維にコレステロールがたまったり、LDL-コレステロールが酸化を受けて動脈硬化が進むのを防ぐことが、確かめられているらしいWWW。

【効果2】 がん予防に期待

がんの発生メカニズムにはまだ不明なところが多いが、まず変異原物質が細胞のDNAに突然変異を起こし、次いで促進物質がかん化した細胞を活性化することによってがんが発生すると考えられているらしいWWW。しかし、試験管内に変異原物質と同時にカカオ・ポリフェノールを加えたところ、細胞DNAの突然変異が抑制されることが確かめられたらしいWWW。

【効果3】 ストレスに打ち勝つ

身体的にストレス状態にあるラットにカカオ・ポリフェノールを与えたところ、ストレスにうまく適応することがわかりました。また心理的ストレスにたいしても抵抗力が強まることが確かめられたらしいWWW。

【効果4】 アレルギーやリウマチにも効果

アトピーや花粉症などのアレルギーは現代病のひとつとして大きな問題になっていますが、カカオ・ポリフェノールを与えたところ、アレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きが著しくおさえられるらしいWWW。

【効果5】カカオ成分に虫歯を防ぐ効果

ウーロン茶や緑茶には虫歯予防効果成分が含まれていることが知られていますが、カカオ成分にはこれら以上に虫歯菌をおさえる効果があるらしいWWW。実際毎日、チョコレート食べていて虫歯にはなっていないが、カカオが虫歯になりにくくしているかは、わからないWWW。

【効果6】チョコレートはミネラル豊富

チョコレートはカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類を豊富に含む栄養バランスのとれた食品だWWW。とくに注目したいのはカルシウムとマグネシウムのバランスがよいことで、一般にマグネシウム不足は心臓病の危険を増すことが知られているWWW。

【摂取量】

チョコレートは太る! こんなよくある誤解に挑んだ実験があります。標準飼料育ちのラットと、飼料の20%をチョコレートでおきかえたラットを比べた場合、カロリーがおなじなら体重の差はなく、肥満もみられませんでした。とはいっても、チョコはチョコ。油脂を多く含む高カロリー食品には違いありません。 毎日食べ続けるなら“1日25グラム”を目安に食べたら良いWWW。

ではなぜ、高カカオチョコレートは25gが摂取量の目安なのか?

それは、ポリフェノールの一日の理想的な摂取量は、約1500mgということが分かっているWWW。

明治の商品『チョコレート効果』はカカオ72%、86%、95%の3種類があります。

72%は1粒当たりポリフェノール127mg 86%は1粒当たりポリフェノール136mg 95%は1粒当たりポリフェノール142mg がそれぞれ含有されてます。

1日のポリフェノールの摂取量が約1500mgなので、 72%なら12粒で1524mg 86%なら11粒で1496mg 95%なら11粒で1562mg です。

これは高カカオチョコレートだけを食べた場合で、実際は、1日の食事のなかでポリフェノールは他の食品でも摂取しているWWW。

コーヒー、緑茶、赤ワイン、りんごなど様々な食品に含まれています。チョコレートもその中の一つです。りんご100gだけでも220mgと、ポリフェノールが豊富に含まれています。

そしてコーヒーと緑茶は比較的多くの人が日常的に口にするし、普段の飲み物や食べ物からもポリフェノールを摂取しているWWW。

『チョコレート効果カカオ72%』だったら25gは、5粒分になり、ポリフェノールの量としては、127mg/1粒 x 5粒 = 635mgとなります。5粒なら毎日取れるWWW。あとの足らない分は、コーヒー、緑茶、赤ワイン、りんごなどで取ってください。

 3.アーモンドの効果

最近ナッッのなかでも、特に高い健康効果で知られているのがアーモンドです。アーモンドと聞くと高カロリーで太りやすいとかニキビができやすいとかというイメージを持てれているが、健康志向の人にとっても、おすすめの食品だWWW。一般的に売っているのは素焼きアーモンドで、生アーモンドは通販でないとあまり買えないし、処理の仕方によっては有毒となる場合もあるので、わざわざ手間をかけて買う必要はないWWW。素焼きアーモンドでも重要な栄養素は変わりないWWW。

【効果1】ダイエット効果

ビタミンB2が豊富で、脂肪の代謝を促す働きがあり、脂肪燃焼には不可欠と言われているWWW。また、ビタミンB2が不足すると脂肪の代謝が悪くなるだけでなく、目の疲れや口内炎、疲労などの症状が引き起こされるWWW。

また、オレイン酸が多く含まれており、これは『オリーブオイル』と同様の種類の脂質で、“不飽和脂肪酸”と呼ばれるもので、不飽和脂肪酸は比較的太りにくいとされていて、リバウンドしにくく、ダイエットに役立つ成分であるといえるWWW。

【効果2】アンチエイジング・美肌効果

アーモンドのアンチエイジング効果は、『ビタミンE』と『AGEsの排出』によるものだWWW。

ビタミンEは強力な抗酸化作用をもつ栄養素ですが、アーモンドはこの“ビタミンE”のgあたりの含有量が“No.1”と言われています。ちなみに、“抗酸化作用”とは、酸化されやすい物質で、自身が酸化されることにより、細胞などの酸化を防ぎ、これがアンチエイジングにつながりのだWWW。

AGEsとは、タンパク質と糖の結びつきによってできるもので、これが体内に貯まると老化や生活習慣病につながり、シワや肌のたるみにもなります。アーモンドは、このAGEsの排出を促してくれるのだWWW。

 

【効果3】健康効果(生活習慣病の予防(動脈硬化)(高血圧改善)(血糖値の上昇を緩和)・便秘改善)

アーモンドの“オレイン酸”はダイエットに効果的と言いましたが、それだけではないのだWWW。さらに動脈硬化の原因である悪玉コレステロールを減らすことができるので、動脈硬化やそれに伴う生活習慣病を防止することができる。コレステロールや中性脂肪を減らすため、生活習慣病対策としてとても重宝し、不溶性食物繊による『血糖値の上昇を緩和』『高血圧改善』も生活習慣病に効果的です。

【効果4】食物繊維が豊富

アーモンドは不溶性食物繊維が豊富です。ちなみに食物繊維には以下の2種類に分かれます。

水に溶ける“水溶性食物繊維”水に溶けにくい“不溶性食物繊維”

共に便秘改善に効果があるのですが、アーモンドに含まれる不溶性食物繊維の効果を軽く説明すると・・水を含んで膨らみ、腸内をコーティングします。

『油分の吸収を抑制』『便の量が増加』『食欲抑制』などの効果が期待できます。

さらに他にも、『血糖値の上昇を緩和』『高血圧改善』などの効果も。

【摂取量】

アーモンドの食べ過ぎ・副作用・カロリーについて、「食べれば痩せる」といったものではありません。高カロリーであるのには違いないので当然、食べ過ぎると太ります。特に代表的な症状として“お腹が緩くなる”といったことが挙げられるWWW。

1日の理想的な摂取量として、25~30gです。大体アーモンド1粒1g前後なので、25~30粒程度。ちなみに、アーモンドのカロリーは、1gあたり約6kcalなので、25~30gだと、約150~180kcalで、子供茶碗1杯ぐらいのカロリーになるWWW。食べ過ぎには注意が必要だWWW。

4.最後に

今回、体に良い食べ物を紹介しましたが、そのほかにも色々テレビ等で言われている、体に良い食べ物は色々あります。効果があると言われている全てを食べるのは無理ですが、今回紹介した、ブロッコリースプラウト、チョコレート、アーモンドを食べて、健康に注意するようにしてください。

ちなみにこれ以外で、私が毎日食べている物を紹介すると、納豆、豆腐、もずく酢、キムチこの4品目は、欠かさず毎日取るようにしています。飲みに行ったら食べれない時もありますが、健康を維持するには、常に自分で注意して継続することが、大事だWWW。

 

-健康

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.