~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【節税対策】

副業禁止のサラリーマン【青色申告】住民税が返ってくるワケ

更新日:

kakutei-teishutsu

はじめに

ネット普及と伴に、アフィリエイトの需要が高まってきました。

私もその一人で、副業禁止のサラリーマンが、いかにして、アフィリエイトで儲けた利益を税金で取られないようにするか?

むしろ、税金を奪い返せるかについて、本気で考えてみました。

考察

①経費分を控除して、利益が20万円以上の場合、確定申告する必要がある。

給与以外の所得が年間20万円以上の場合は、確定申告が必要です。

「利益(40万円)-経費(25万円)=所得(15万円)」

※この場合は、20万円以下なので申告不要です。

②個人事業主になれば、雑所得ではなく、事業所得で処理することができ、普通徴収を選択すれば、会社にばれることはない。

月額5万円~10万円程の副収入があるかたは、個人事業主を検討すべきです。

副収入には、2パターンの処理方法があります。

「雑所得」一時的な収入を得た場合

「事業所得」継続的なある程度の収入がある場合

※不動産所得、山林所得もありますが、ここでは事業所得=副収入としてお話します。

個人事業主とは事業所得者を指しており、それ以外の人は雑所得者になります。

個人事業主=事業所得のメリット

・青色申告を利用できます

・利益から65万円控除を受けることができる

③事業所得が赤字になると、強制的に、本業である給与所得の特別徴収から、合算して引いてしまうため、会社にバレてしまう。

実はサラリーマン兼業の場合、損益通算といって、このマイナス分を、本業の給料の所得税から引くことができます。

住民税は所得税によって、支払額が決定されるので、所得税低くすればするほど、手取りが多く残ります。

ですが、給料の所得から引くということは、会社にバレルに繋がるので、後で説明したいと思います。

④青色申告を利用すれば、65万円控除を受けることができるので、事業所得を赤字にするのは簡単で、本業の給与から所得税、住民税を減らすことが実は可能。

利益(年間100万円)-経費(40万円)-青色申告控除(65万円)=所得(-5万円)

「所得×税率=所得税」

所得があれば所得税が発生します。

今回の場合だと、所得が-5万円とマイナスになっています。

損益通算で、給与所得からこのマイナス分を引いてもらうことで、住民税を減らすことが可能です。

⑤会社の特別徴収を普通徴収に変更できるか市役所に確認すると、特別な理由が無い限りは、特別徴収をお願いしていますと言われる。

勤め先の会社から、市役所に普通徴収でお願いしたいという連絡を入れてもらえば、一応特別徴収にできるみたいだが、会社への普通徴収にするための理由を考えておかなければならない。

私が考えた理由は「税の勉強がしたい。」

これで会社を納得できるかは、定かではないwww

 

⑥無理ではないがリスク観点から諦め、65万円控除を利用した、赤字にならないギリギリのラインで、できるだけ利益を発生させないよう、経費を上手く利用する。

利益(年間100万円)-経費(○○万円)-「青色申告」控除(65万円)=所得(○万円)

結局は所得税を払いたくなければ、経費で落としまくることが、重要ということだ。

雑所得や白色申告であれば、青色申告65万円控除がないので、所得税を払わなければなりません。

利益(年間100万円)-経費(40万円)-「雑所得or白色申告」控除(0万円)=所得(60万円)

所得(60万円)×税率5%(累進課税なので、所得に応じて○%になります)=所得税(3万円)

⑦「利益」-「経費」-「青色申告」=「所得」×「税金」=「所得税」

⑧確定申告しない方がやっぱり得だけど、しないとマズイよな・・・と悩む。

⑨来年1月から青色申告を行おうと腹を括る

⑩経費って何が当てはまるのか??

その事業所得のための仕事に関わったこと全て、経費です。

家賃、光熱費、食事代、車。

仕事で利用するために必要であるのであれば、何でも経費なのがいい所ですね。

まとめ

確定申告して、青色申告を上手いこと利用してやろうと考えていたが、そんな甘い話はなかった。

脱税はやっぱり問題なので、きちんと申請して、経費処理して、所得を減らす。

これが現実的で有効な活用方法だという結論に至りました。

-【節税対策】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.