~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【保険】

学資保険【入るべき人と不必要な人】資金運用方法の違いとは!?

投稿日:

【はじめに】

Q.学資保険と貯金(貯蓄)どちらがおすすめか?

A.私は自分で資金運用ができるのであれば、貯金(貯蓄)をおすすめします。

【学資保険の貯蓄型・保障型について】

学資保険は子供の教育資金積み立ての1つの方法です。

大きく分けて貯蓄型と保険型の2つに分けられます。

①貯蓄型の特徴

・満期保険金(+祝金)を受け取るシンプルな内容

・契約者が死亡した場合は、保険料の支払いが免除されます

・子供の医療保障や死亡保障が付いていません

・返戻率が100%を超えている

※返戻率とは、生命保険等の保険契約を途中解約した場合や、満期を迎えた場合の満期保険金を受け取る金額が、これまでに支払った保険料に対して何%あるのかを示したものです。

普通定期預金+契約者が死亡した時の保障が付いているというイメージです。

 

②保障型の特徴

・返戻率が低い(100%を下回る可能性が非常に高い)

・子供の医療保障や死亡保障が付いている

・育英年金がついている(契約者に死亡などの万が一があった時に満期まで決められた金額をもらえる制度です)

保障が付くことで、貯蓄性が低い商品になっているため、教育資金を貯める方法には向いていません

【学資保険の見えざるリスク】

子供の将来のために学資保険に入って教育資金を貯めていたはずなのに増えていない。

むしろ減っているということが無いようにしっかりと確認しておきましょう。

学資保険には2つのリスクがあります。そのリスクについてまとめていきます。

①インフレリスク

学資保険は基本的に、契約時の利率で運用されており、経済環境が変化した場合でも加入時に決められた金額がきちんと支払われます。

しかし、現在アベノミクスにより金融緩和・物価上昇率2%目標が掲げられており、現在のお金の価値が、安くなる可能性があるのです。

そうなった時に、学資保険の返戻率が優れた商品と言えない可能性があります。

②途中解約リスク

学資保険貯蓄型に加入した場合、返戻率は100%を超えています。

しかし、お金が必要になり学資保険を中途解約した場合、解約返戻金が戻ってきますが多くの場合元本割れを起こしてしまいます。

加入時には定期預金よりも貰えるはずが、途中解約によって定期預金していた場合よりも減ってしまうのです。

 

【学資保険の返戻率を利回り計算】

貯蓄や積み立てで、いくら投資していくら返ってくるのか比較する上で大切なのが、利回りです。

学資保険の場合は、パンフレット等には返戻率として何%と書かれており、他の金融商品と比較するのが難しくなっています。

簡単に説明すると。

・総支払い額 150万円支払いをしました。

・総受取額  160万円受け取りました。

・返戻率   160万円/150万円=1.05 ×100=105%

学資保険の返戻率105%を、年利換算するのは複雑で、シンプルに年利を計算することはできません。(※手数料として保険会社が抜いているため)

大体の目安で保険会社の方に尋ねたところ

「返戻率105%=年利0.96%」

この位だとイメージしておくのが大切です。

銀行定期預金は良くて「年利0.3%」程度なので、学資保険が年利では優秀です

 
 
【おすすめ教育費の貯め方法】

「株式投資のメリット・デメリット」

①   投資金額よりも価値があがることがある

10万円で購入した株券が15万円に上がったり、5万円に下がったりします。

どの銘柄を選ぶかが非常に難しく、教育資金を貯めるから投資を始めるという人にはあまり向いていないかもしれません。

②   配当利回りが学資保険よりも大きいものが多い

学資保険の配当利回りは、学資保険の返戻率の利回り計算で説明したように、年

利1%前後の商品が非常に多いです。株式市場ではピンキリですが、安定企業で年配当利回りが3%以上という企業が多く存在しています。

数字だけで比べれば、学資保険「1%」・株式投資「3%」ですので、3倍お得ということになります。

③   学資保険のように必要な時に、お金が支給されたりすることはない

学資保険では契約者が定めた時期(入学等)に一定の金額が祝い金として支給されます。

株式市場では、年2回(または1回)と銘柄によって時期が決まっており、支給されるのは約半年後です。

④   お金が必要になり、売却時(解約時)は半か丁か

株式投資は上がるか、下がるかの2種類しかありません。

解約する時に下がっていれば、損をします。

上がっていれば得をします。

学資保険では、解約をすれば、ほとんどの場合損をします。

 

【結論】

学資保険や株式投資以外にも、教育資金を貯めることができる商品は多く存在し、選ぶ人・環境に大きく左右されます。

一概にどれが良いとは言えないと私は思います。

つまり

「1%以上の利回りで資金運用ができるのであれば→貯金(貯蓄)」

「1%以上の利回りで資金運用ができないのであれば→学資保険」

するのが一番良い方法だと私は考えます。

 

おすすめ記事なのでこちらもお願いします↓

2015年度版【生命保険・医療保険の選び方で1000万円損するは本当か?】平均保険料はいくら?

-【保険】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.