~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【保険】

医療保険の不要論崩壊!?先進医療に入らざるリスクが招く保険貧乏

更新日:

o0800056813221469827

はじめに

保険の検討や見直しをしたいけど、何をすれば良いかわからない。という人は多いのではないでしょうか?

「保険に正解はない。」まさにその通りですが、「保険貧乏」にならないために最低限の金額でリスクを補うことが、正しい保険の運用方法だと考えます。

近年、医療保険の不要論を謳っているファイナンシャルプランナーも多く、貯蓄があれば医療保険に入らなくても良いという考えも浸透しつつあると思います。

私も医療保険は不要だと途中までは、そう思っていました。

しかし、将来を見据えると、保険に入らないことこそが「保険貧乏への道を辿る」という大きな過ちだと考えるようになりました。

なぜ保険に入っていないのに、保険貧乏になるのか?そんな疑問を考えていきたいと思います。

 

どういう時に保険が必要か?

保険に入る理由は、万が一の金銭的負担に困らないようにするためです。

では、なぜ保険に入る必要性があるのかを考えてみましょう。

 

・大黒柱が亡くなった時、残された家族が路頭に迷わないため。

・病気による高額な治療が発生する可能性。

 

上記の理由から、生命保険・医療保険に入る必要があるのですが、国で定められている公的保障を受けることができるので、確認しておく必要性があります。

 

公的保障の内容

 

・遺族基礎年金

大黒柱が亡くなった場合、77万2,800円(年間)が一生涯支給されます。

さらに18歳未満の子供一人につき、22万2,400円が支給されます。

つまり年間99万5,200円(月額8万2,000円)が保障されています。

 

・高額療養費制度

世帯所得によって異なり、高額医療費の支払い限度額を定める制度です。

つまり、高額な医療費が掛かった場合、決められた金額しか支払わなくてよいということです。

保険を加入する前に考える時に重要になるのがこの2つです。

これを踏まえて、実際にいくらの保険に加入する必要があるのかみてみましょう。

 

 

生命保険の加入検討

先ほどにも書いた通り、生命保険(死亡保障)に入る理由は、残された家族を路頭に迷わせないためというのが大きな理由です。

ではいくら必要なのでしょうか??

ここで重要なのが、住宅ローンを組んでいたかどうかです。

住宅ローンを組んでいた場合は、大黒柱が亡くなると支払い義務が無くなります。

※正確には団体信用生命保険にローン時に加入しているためです。

その場合は、月額8万2,000円でも贅沢をしなければ、十分生活することはできます。

しかし、賃貸の場合は、いつ何時に関わらず、永遠に支払い続けなければなりません。

この差が、生命保険に必要な差として表れてきます。

家賃5万円×12ヶ月×50年=3,000万円

子どもの学費(大学卒業) 700万円
-------------------------------------------
死亡保障必要総合計   約3,700万円

いくら掛かるのか計算したのでこちらを参考にしてください↓

家計簿公開【子育てに掛かる教育費用と不安貯金額を計算してみた】

私が生命保険入るなら

私に子どもが生まれ、生命保険に入る必要性ができたら、収入保障保険を選択します。

その理由は「無駄なく、必要最低限をカバーすることができる」からです。

収入保障保険は、約55歳までの掛け捨て保険が多く、途中で亡くなったら一定の金額が55歳まで毎月受け取れるという商品です。

収入保障=月額10万円×12ヶ月×「死亡年齢~55歳まで」

早く死亡すれば、多額の金額を受けれますが、54歳で死亡すると、たった120万円しかもらえないということです。

子どもが成人すると必要保障金額が減ってくるので、月額料金を安く、実用的に設定しているのが、収入保障保険なのです。

医療保険の検討

ここでは、本当に医療保険に入る必要性があるのかを検討します。

教育資金や老後資金と別に使えるお金が、200万円以上ある場合は医療保険に入る必要はないと言われています。

その理由として「大金の掛かる治療が殆どない」ということです。

あなたが怪我や病気で、入院することになった場合、一体いくら金銭負担が掛かるのでしょうか??

公的保障として、高額療養費制度が存在します。

1ヶ月間に100万円の治療費が掛かったとしても、世帯所得によりますが、大抵の家庭が「10万以下」の治療費しか払わなくてよい制度です。

貯金200万程あれば、10万円なら払えますよね?これが医療保険は貯蓄がある人には不要だと言われている理由です。

しかし、この中で例外も存在しているのも事実なのです。

ガン保険の検討

医療保険の一部にガン保険がありますが、これに関しては要注意ポイントです。

実は医療保険で高額になる原因は「ガン治療」だと言われています。

私は「終身ガン保険+先進医療特約」には絶対に入っておくべきだと自負しています。

その理由を3点挙げます。

①先進医療の進歩

医療の進歩は凄まじいモノがあり、近い将来、先進医療の対象が広がる可能性が高いということ。

だが、先進医療は健康保険の3割負担が適用されないため、治療を受けた場合、全額負担になります。

先進医療なら治る可能性が高いのに、入っていなければ、超高額な金額を払う必要がある。

そのため、先進医療特約を付けておく必要性があるのではないか?

詳しい詳細はこちらをご覧ください↓

【医療保険不要論者の私が先進医療特約は絶対必要だと思う理由】

②抗がん剤の治療費

ガン生存率は5年と言われています。

その中でも、抗がん剤は延命治療と呼ばれ、一番治療費が掛かるのがコレです。

ガンといっても様々なので一概に金額をいうことはできませんが、長く治療をすることになった場合、貯蓄が200万円だけじゃ足りない可能性があります。

そんな時のために、終身ガンは必要なのではないでしょうか?

現在の主流のガン治療方法は、「放射線、抗がん剤、手術」ですが、近い将来、変わる可能性があります。

そういった理由からか、ガンと診断されたらお金が出る、一時金タイプが流行しています。

※一時金タイプより、終身ガン保険で治療する度にもらう保険の方が安いので私はそちらを推します。

③公的保障の見直し

少子高齢化時代に突入し、年金すら将来どうなっているかわからないと言われています。

そんな中で「健康保険料3割負担、高額療養費制度」等が現状維持のままか、と言われたら絶対に違うと思います。

20代、30代なら終身ガン保険は、非常に安く加入することが可能です。それだけガンになる確率が低いということでもあります。

しかし、将来、3割負担だったのが、5割負担になったり、先進医療の実用性がもっと進めば、保険料が大幅に上がる可能性だってあります。

その時に保険の重要性を知り、入ろうと思っても、時すでに遅し、「保険貧乏への道」が待ち受けています。

そんな高い保険に入る必要性はないと思います。必要最低限の金額で、未来・将来へのリスクを軽減するということが大切だと思いました。

まとめ

終身ガン保険は、貯蓄があるから不必要。と言うのではなく、将来や未来といった、不確定要素のリスクへの投資だということ。

以上の理由から

「終身ガン保険+先進医療特約」

これに関しては必須だと個人的には思っています。

私が加入するなら、チューリッヒのプレミアム終身ガン保険です。

月額料金が非常に安く、将来のリスクを摘み取ってくれる素晴しい保険だと私は思っています。

※あまりにお得すぎて、最低加入料金が1,000円からに改正されました。

総括

人生の途中、何があるかわからない・・・。そんな時のための保険です。

保険貧乏にならないように、それぞれの家庭事情に適したプラン内容を契約することが、人生設計が狂わない秘訣だと思います。

最低限のリスクに備え、あなたの人生が幸せに送れることを祈っております。

※追伸

保険で貯蓄しようと考えている人がいるみたいだが、リスクがあまりにも高いので、正直おすすめはしない。

学資保険も同様だが、お金に余裕があり、自分で運用できないなら検討範囲かもしれない。

詳しい詳細はこちらをご覧ください↓

学資保険【入るべき人と不必要な人】資金運用方法の違いとは!?

-【保険】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.