~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【スマホ記事】 【絶対オススメ記事】

iphone6一括0円【月額1500円の低料金で一番安く持つ方法】

更新日:

【はじめに】

携帯端末のSIMロックフリーに伴い、キャリア途中解約ではなく2年間使用が一番安い方法として現実的になりつつあるが、iphone6・iphone6 Plus一括0円が最安値で持つことができる最後の狙い目である。キャッシュバック付で端末を獲得する方法を検証する。

【2台目プラスの凄さ】

各社2台持ちのための施策を行っており、基本はスマホ+タブレットなのだが、docomoの場合は二台目をタブレットorスマホで選択することができるのだ。

それによって、iphone6の2台目プラスのメリットが発揮するのでみていきたい。

【docomo】

「iphone6一括0円」  2台目プラス

かけ放題  2,700円 1,700円

SPモード  300円  300円

データ(2G) 3,500円  500円

ーーーーーーーーーーーーーーーー

月額合計  6,500円  2,500円

ーーーーーーーーーーーーーーーー
月々サポート -3,000円 -3,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーー

月額総合計  3,500円  -500円

 

2台合計金額 3,500円―(-500円)=3,000円

1台あたり なんとっ!1,500円

【2台目プラスのデメリット】

①データーシェアーという形を取るので、2Gを2台で分け合わなければならない。

使わない人は問題ないが、一人が誤って多く使ってしまうと、二人して通信制限に引っかかるという悪循環に陥る。※一人で2台持つのであれば問題はない

 

②2台目プラスはデータープランであり、音声通話機能が使えないということ。

わかりやすく言えば、電話ができないということ。

解決策とすれば、格安SIMでよく使われる電話アプリ(050plus等 月額300円)を使うのが良いだろう。

2年使用した後は、データ通信を音声通信(シングル→デュアル)に契約変更(約3,000円)することで、乗り換え(MNP)が利用可能となる。

【結論】

Iphoneg6が一括0円で手に入るのであれば、非常に有効な手段だと思います。

今後iphone6Sの発売と同時に、iphone6一括0円が市場で活発に出回ると思うので、そのチャンスをミスミス逃す手はないでしょう。

端末を持っていない人にとっては最善策と言えると思います。

こちらもオススメなのでお願いします↓

最安へ挑戦【スマホ維持費を安くする方法】月額料金抑える二つのコツ

-【スマホ記事】, 【絶対オススメ記事】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.