~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【スマホ記事】

iPhone6SのSIMフリーで一番安くてお得な運用方法

更新日:

bd0f711a

はじめに

iPhone6Sが発売されたが、なんと端末代金が約10万円という大台で販売を行ってきた。当然各キャリアも10万円に近い形に毎月割を付けて販売している。

そこで一体どのような購入をし、利用するのが一番安いのかを検証することにする。

SIMフリーのメリット・デメリット

なんといっても、格安SIMを利用することができるという点である。

むしろそれ以外の何者でもないというのが正しいのかもしれない。

デメリットは、特にコレといってない。

格安SIMを使う上でのデメリットであれば、通話するとお金がかかるが、使わない人にとって格安SIMの方がはるかに安い。

iPhone6sの購入方法

方法としては二種類ある。

・アップルストアで購入をする。

iPhone 6sの16Gバイトモデルが一括86,800円

・大手キャリアで購入をする。

機種代金 月額670円×24ヶ月(2年)=16,080円

端末代金だけで言えば圧倒的に大手キャリアが安い

がっ!!通信費が高い・・・。

さぁここからが本題だが、結局どちらが安いのだろうか??

SIMフリーVSキャリアiPhone6s

SIMフリー購入の場合

格安SIMで音声通話付きで2Gとなると、月額1,600円が妥当だろうか??

基本料金 月額1,600円×24ヶ月=38,400円(2年間)

機種代金 86,800円

(38,400円+86,800円)÷24ヶ月=月額料金 5,216円

キャリア購入の場合

通話し放題 2,700円+300円+3,500円(2G)=月額 6,500円

機種代金 670円

6,500円+670円=月額 7,170円

アップルストアでSIMフリーを購入した方が約2,000円安いという結果なのですが、通話し放題ではありません。

ですので2,000円払って通話し放題にするのかどうかで、どちらにするのかを判断すれば良いと思います。

2,000円分の通話代金って結構電話するの大変ですけどねwww

故障・水没について

一番困るのが機器故障だと思います。

高いお金を払ったのに壊れてしまったなんてことになったら・・・。

まぁ当然ながら、メーカー保証が1年間付いています。

しかしそれはあくまでも自然故障であって、故意的に壊したり、濡らしたりしたものは対象ではありません。

そんな時のために絶対入っておいて欲しいのが、AppleCare+」です。

何かというと破損、水漏れを7,800円で直してくれるというものですね。

これ実は物凄いことなんですがどういうことかわかりますか??

水漏れなんて修理できませんよね??つまり7,800円払ったら新品にしてくれるんです!!

しかも月額400円。

なので、月額400円×24ヶ月+7,800円=17,400円新品購入できるってことですね。

最新機種が欲しいって方なら魅力ないでしょうが、そこそこ使用できれば良いって方にはおすすめプランです。

詳しい詳細はこちらを↓

【iPhone6sからAppleCare+に絶対入るべき3つの理由】

まとめ

結論を出すとすれば、私の場合は通話を2,000円も絶対にしないので、SIMフリーを購入した方が安いという結果を導きました。

ならそれに伴い、格安SIMを選ばなければならないのですが、私ならOCN音声通話付き一択ですね。

まぁライフスタイルによって、SIMは変わってくるので一度格安SIM診断してみてはいかがでしょうか??

詳しい詳細はこちら↓

格安SIM診断【あなたに合うおすすめSIMカードの選び方】

-【スマホ記事】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.