~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

未分類

【人狼ハウス】対面人狼初心者の私がなんば店に行ってきた感想

投稿日:

この話はネット人狼しかしたことのない一人の青年が、対面人狼という目と目を合わせながら騙し合う、コミュ障には少し辛いゲームに初挑戦した物語である。

はじめに

人狼ゲーム・・・。

それは「騙し合い」「駆け引き」という心理戦や考察力が試されるゲームである。
普段はネットやアプリで人狼をしている私だが気になっている場所があった。
それが今日ご紹介する「人狼ハウス」

人狼経験者であれば、聞いたことはあるであろう。
対面で人狼ゲームができる空間、すなわち「リアル人狼ゲーム」を行う場所である。
その人狼ハウスで初対面人狼を体験してきたのでその感想と評価を書こうと思う。

はじめての人狼

なんといっても対面人狼初心者なので、参加費無料で人狼ゲームの楽しみ方を教えてくれるやつに参加した。

料金説明を簡単にしておくと

・チャージ500円
・1ゲーム500円(約1時間)
(※飲み物は持ち込み自由)

私は2ゲームしたので
「チャージ500円」+「レクチャー1ゲーム無料」+「1ゲーム」=1,000円お支払い

13時から16時の3時間1000円で遊べたら十分のような気もするwww
ちなみに人数は1回目が15人村、2回目が9人村(2グループに分れた)
土曜日だからなのか何気に人も多くて、年齢層は20歳~45歳ぐらい(うち女の子は6人)

なんといっても男性も女性も個性が強い、、、いやっ強すぎるwwww(笑)

「激しい貧乏ゆすりをする人がいて、その行動は人狼だ!と指名される人」
「デザートを大量購入してこれマズイwwと食べながらプレーする人」

これがリアル人狼の世界か・・・。と思ったのが素直な感想である。

良い点・悪い点

実際に対面人狼を行ってみて、ネット人狼と比べて「いいね!」「イマイチ・・・」という点がいくつかあったので人狼ハウスに行こうか検討している人の参考にしてほしい。

●良い点

・人と関われること
一緒にゲームをプレーすることで仲良くなれるし、共通の趣味の仲間が見つかる
普段あまり家から出て大勢で遊ぶという機会は多くないので非常に面白かった。

・気負う必要がない
ネットとは違い、GM(ゲームマスター)が進行を行い、対面初心者でも説明しながら順番に導いてくれる。そのため初めての役職で合ってもペースに合わせて行えば問題がない。

・気遣いをしてくれる
人狼経験者といえども初対面となると緊張もするし、自分の言いたいことが言えなかったりすることがある。
そんな時常連さんたちが優しく、〇〇さんはどう思う?と話を振ってくれ話す機会を与えてくれたりもする。もちろん話をしなければ「村陣営」か「人狼陣営」の判断ができないという理由もあるが、ネットでは寡黙吊りが多くなりがちで、対面ならではだなぁと感じた。

●悪い点

・常連の圧力
こればっかりは知ってるメンバーが多いという慣れもあるので仕方がないことなのだが、常連さんの発言権が強く、初対面の人たちは圧倒されまくっていた。(※もちろん私もその一人ww)
2回目は常連と対面初心者組で分けたので、初心者組の発言は自然と増え、1回目よりも楽しめたという声が大きかった。

・初日吊られ&初日噛まれ
一番イヤだな・・・と思ったのが初日吊られ&噛まれ
だって1ゲーム500円支払っているのに、初日にゲーム終了したら全然面白くないwww
これがネットゲームなら金銭は発生しないので、まぁ仕方ない!もうワンゲームするか!で終わる話だが、2回連続で初日に吊られた日には・・・。上手い人には脅威噛みだってあるし、ここは平等じゃないと思う。

初日に吊られ&噛まれた人は次のゲームは無料で参加できるとか、何かしらの対策をしないと不満に思うこともありそう。

感想&評価

ネット人狼とは対面人狼は異なり、言葉の会話で情報が飛び交うので、聞き逃すことができない。
チャットであれば文字なので見直すことが可能だが、会話は瞬時に相手の言っていることを理解しなければ考察することが難しい。

まず人狼を初めてみようという初心者には対面人狼ではなく、ネット人狼から入門することを強くお勧めしたい
もしくは、初心者ばっかり集まってするのであれば、対面でも楽しめるかもしれない。

人狼ハウスの評価としては、めっちゃ緊張したが非常に面白くて行ってみて良かったと思っている。
初日吊られ&噛まれを改善してくれるのであれば、なお良し!だが。。また行ってみようと思う。

-未分類

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.