~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【スマホ記事】

格安SIMの購入方法と場所は実店舗の即時受取がおすすめのワケ

投稿日:

st_rakuten-01

はじめに

格安SIMカードが安い、お得!!ということはわかったのだが、どのようにして購入すれば良いか方法がわからない・・・。

そんな方でも、失敗せずにSIMカードを購入する手順をご説明したいと思う。

SIMカード申込方法について

2種類のSIMカードが存在する。

「データ専用SIM」「音声通話付SIM」

この二つの大きな違いは、携帯電話に電話番号があるかどうか。

つまり電話通話することができるか否かである

携帯2台持ちの人であれば、データ専用SIMでも問題ないのだが、メインスマホの場合であれば、音声通話付SIMにしていた方が良いと思います。

その理由として、まず電話番号を持っていなければ、通話及びCメールが利用できません。そして何よりも、MNP(他社乗り換え)の条件は電話番号と一緒が前提なので、現状の携帯業界の仕組みだと電話番号は確保していた方が、スマホが壊れた時や、安い料金プランが発売された時のことを考えて、優位に立ち回りできると考えるからです。

SIMカード購入方法について

格安SIMは現在10社以上の会社が参入しており、販売方法もそれぞれ異なる。

各社の主な購入方法は3種類。

・公式サイトでのWEB購入

・サポートセンターへ電話での購入

・実店舗(即時受取カウンター)での購入

全ての方法にメリット・デメリットが存在するのですが、データ専用SIMに関しては、SIMカードさえ購入すれば、SIMカードを挿して設定することですぐに利用できるようになるので、コンビニや家電量販店で販売されているのを購入すれば問題ありません。

音声通話付SIMの手順に関して

①   MNP解約番号を現在利用しているキャリアで発行。

②   SIMカード購入の申込みをする。

③   身分証明、クレジットカード登録等を申請。

④   審査後、SIMカード郵送で手元に。

⑤   SIMカード挿入し、設定後、利用可能に。

WEBや家電量販店で購入するして、これら全てを行おうと思ったら、最速で3日~1週間程度の日程が掛かることになります。

3日間も携帯が使えないとか、かなり心配で嫌ですよね??

そんな要望から最近店舗を急増させているのが実店舗での即時受取カウンターです。

即時受取カウンターとは何かっていうと、簡単にいうと①~⑤の作業を全て行ってくれるお店です。

つまり、docomo,au,softbankといったショップと同じということです。

何といっても、実店舗の場合だと、即日利用可能というのが非常に嬉しいです。

しかし、この実店舗(即時受取カウンター)残念ながら、全てのSIMカード販売会社が設置しているわけではありません。

即日開通可能なSIMカードは?

実際に実店舗を構えている、販売会社を見ていきましょう。
 
実店舗あり

・ocnモバイルone

・楽天モバイル

・mineo(マイネオ)

・NifMo(ニフモ)

・BIGLOBE

・UQ mobile

・U-mobile

実店舗なし

・DMM mobile

・プララ

初めの頃は取り扱っていませんでしたが、現在はほとんどの会社が実店舗があります。

業界最安値のDMM mobileはWEB申込みをしなければならないという、それだけでマイナスポイントです。

持ち物としては、MNNP解約番号、クレジットカード、免許書の3点があれば問題ありません。

まとめ

格安SIMの乗り換えも非常に便利になってきましたし、料金も大手キャリアに比べ格安です。

難しいことは、実店舗へ足を運び聞いたら教えてもらえるので、一度お近くの実店舗へ足を運んでみてはいかがでしょうか??

私の一番のおすすめは、解約金リスクが低く使い勝手が良いOCNをおすすめしています。

詳しい詳細はこちら↓

格安SIM診断【あなたに合うおすすめSIMカードの選び方】

-【スマホ記事】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.