~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【スマホ記事】

スマホ乗り換え【解約月と日割り計算】のベストタイミングは??

更新日:

smartphone-contract-cancellation-8-days

他社と仕組み違うのかよおおおおおおおおおおおおお

知らなかったでは、解約手数料1万円の支払いが済まされないこの業界。

一体いつ「解約・MNP」をすれば一番お得なんだ!?

各キャリア(au/softbank/docomo)で異なるお得な解約のタイミングと方法をまとめてみました。

2年縛りの契約更新月

携帯電話・スマートフォンは現在2年契約の自動更新という契約内容になっています。

自動更新って書いているので良い印象があるかもしれませんが、丸2年経過したら、月額料金が高くなるという謎の仕組みなので、他社へ乗り換え(MNP)するのが一番お得と言われています。

近年では、格安SIMの台頭によって、契約更新月での「解約・MNP」の重要性が増しています。

※契約更新月以外の月だと解約金「約1万円」が掛かるためです。

日割り計算について

各社共通なのが「カケホーダイプラン」「パケット定額プラン」は日割り計算されないということ。

つまり、月額6000円ぐらい払っていたとして、10日で解約しても1円も返金してくれません。

しかし、ややこしいのが「各社オリジナルルール」が存在するということ。

スマホ契約していたと仮定

契約月 2013年8月2日~2015年9月30日(丸2年)

勘違いしやすいのが、2015年9月2日で丸2年なんですが、契約した月は「数えない」というのがルールなので覚えておきましょう。

auをご利用中の方

・更新月の1日にパケット定額を解約する場合、その月の月額料金が発生しない

例)契約月 2013年8月2日~2015年9月30日(丸2年)

⇒2016年10月1日に解約すればOKです。

docomoをご利用中の方

・更新月の前月にプラン変更を!!

日割り計算が適用されないのは、上記で話した通り「カケホーダイ」「パケット定額」等であって、FOMAプランでは日割り計算されます。

つまり、2015年9月30日で「カケホーダイ」「パケット定額」を解約し、10月1日からFOMAプランになるように届出をしておく。

そして10月1日に解約することで、日割り計算もきちんと支払われ、違約金も支払うこともなく、解約・MNPすることが可能です。

例)契約月 2013年8月2日~2015年9月30日(丸2年)

⇒9月28日までに「10月1日からFOMAプラン」に変更依頼、10月1日に解約でOK

softbankをご利用中の方

・請求締日が3パターン(10日、20日、月末)

auやdocomoでは、月末締めと決まっていましたがソフトバンクは違います。

契約した日によって異なるため、My SoftBankにアクセスして確認する必要があります。

考え方はdocomoと同じですが締め日に注意。

例)契約月 2013年8月2日~2015年9月10日(丸2年)

⇒9月8日までに「10月11日からFOMAプラン」に変更依頼、10月11日に解約でOK

まとめ

解約時期と日割り計算について知らなければ、本来払わなくても済むお金を支払わなければなりません。

そういった意味では非常に大切な工程なので、覚えておいて損はないと思います。

格安SIMを検討している方は是非とも参考にしてみてください↓

【SIMフリースマホ端末】おすすめ6機種をガチで比較した結果www

-【スマホ記事】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.