~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【家計簿公開】 【絶対オススメ記事】

家計簿公開【子育てに掛かる教育費用と不安貯金額を計算してみた】

更新日:

【はじめに】

今後の将来が不安で仕方ないから本気で人生設計を考えることにしてみた。

大雑把な金額を記載するが、大筋現実とリンクしている。(じゃないと意味ないよね(笑))

※重要必読

・給料はあがらないことを前提とする

・臨時収入は記載しない
 ※西宮市在住なので、西宮市の制度での試算をすることをご了承ください。


【ステータス紹介】

俺 現在25歳 年収約260万円 手取り約15万円

・会社員 厚生年金加入

妻 現在26歳 年収約270万円 手取り約16万円

・会社員 厚生年金加入

・出産手当金・育児休業給付(退職と諸事情のため、申請しないこととする)

・出産後は子供幼稚園入園まで専業主婦とする

・失業等給付(出産後、自己都合退社のため、3か月後から支給開始)

「支給3か月分 月額51,968円 総支給額 167,040円」

 

【家計帳簿公開(月額)】

「住居費」    70,000円

「食費」     30,000円

「光熱費」
・電気            5,000円
・ガス             5,000円
・水道            3,000円

「通信費」
・スマホ          2,000円×2台=4,000円

2015年度版【スマホ料金を一番安く持つ方法】Y!mobile
・パソコン       7,000円

「お小遣い」    5,000円×2人=10,000円

「雑費」         11,500円

「保険料」    3,500円

2015年度版【生命保険・医療保険の選び方で1000万円損するは本当か?】平均保険料はいくら?
------------------------------------------------
合計      150,000円

 

生活費              150,000円
貯蓄                160,000円
年間貯蓄16万円×12ヶ月=1,980,000円

現在貯金額         1,000,000万円

年間貯蓄額         2,000,000万円

 

2年後の貯金額5,000,000円を出産育児スタートとする
※出産予定日を今から2年後の俺28歳3月予定とする

【ライフイベント表】
ここから、私の生涯必要な経費を計算してゆく。
 【イベント発生に伴う収支変動】を見てゆきたい。

【俺28歳 子ども0歳】
「収支費用」
・子供手当 支給額(0歳~3歳 15,000円 3歳~15歳 10,000円)

「出費費用」
・ベビー用品・衣料(オムツ5,000円・ミルク2,000円・被服5,000・玩具等5,000)
・育児費(10,000円)
・光熱費等加算(5,000円)
---------------------------------------------------
収支15,000ー出費32,00017,000円のマイナス
17,000円×12ヶ月=ー204,000円(年額)

「乳幼児等・こども医療費助成制度」という制度があります。
乳幼児等・こども医療費受給者証(対象0歳から15歳まで)の交付を受けた方の健康保険が適用される医療費について、市が自己負担の全額を助成し、受給者の費用負担を軽減する制度です。
※市町村民税所得割額の合計が23万5千円未満であることが受給資格条件です
市町村民税所得割額って何?
簡単に説明すると、(世帯収入(年収合計)ー控除金額)×0.06で表すことができます。
合計世帯収入3,900,000以下であれば確実に受けることができます。それ以上あるという方は控除金額によって違いますので、ご自身で計算してみてください。

【俺29歳~31歳 子ども1歳~3歳】
17,000円×12ヶ月=ー204,000円(年額)
------------------------------------------------
費用(0歳~3歳) 204,000円×3年=612,000円(3年間)

※今回は保育所には預けない予定なので、下記費用は含めません、参考までにどうぞ。

【保育所】
認可保育所(月額)    35,600円(※現在調整中)

※年収別に異なります(↑年収300万以下適用料金です)

【俺31歳~34歳 子ども3歳~6歳「幼稚園」】
「収支費用」
・子供手当 支給額(3歳~15歳 10,000円
10,000円×12ヶ月×3年間=360,000円(3年間)
・妻のパート代
30,000円×12ヶ月×3年間=1,080,000円(3年間)
「出費費用」
・育児費(10,000円)
・光熱費等加算(5,000円)
・雑費(20,000円)

・幼稚園代3年間(352,800円)
---------------------------------------------------
35,000円×12ヶ月×3年=1,260,000
1,260,000+352,800=1,612,800円

1,080,000円+360,000円+1,612,800円 172,800円
-----------------------------------------------------------
費用(3歳~6歳)ー172 ,800円(3年間)

【幼稚園】
公立幼稚園(3年間)  400,000円
※所得3,100,000円以下の場合187,200円(3年間) 
    所得3,600,000円以下の場合352,800円(3年間) 
私立幼稚園(3年間)1,000,000円

※27年度4月開始の新制度から金額が世帯所得に応じた応能負担制に変わる

妻が働くことのデメリットになりえること
幼稚園に入ったら、正社員かパートで働いて欲しいと思っていましたが、気になる点が2点でてきました。
①世帯所得が上がると幼稚園の金額も伴って上がる可能性
(3,100,000万超えると月額5,200円が9,800円に。3,600,000万超えると月額16,000円に。)
②乳幼児等・こども医療費助成制度を受ける対象(3,900,000万以下)から外れる可能性

俺の収入は、おそらく3,000,000万程度であると予測する。
幼稚園児がいて、ガッツリ働くのも中々難しいし、下記が妥当な所ではないだろうか?
①3,600,000万以内を目指すなら、年間600,000円 パートで月50,000円
 保育料4,600円上がるが、差し引き毎月45,000円程度の収益
②が受けれなくなるのは、家計的にも精神的にも苦しいので、妻は年間900,000円以内は絶対

今回はパートで月30,000円の収益を得るとして計算する。
30,000円×12ヶ月×3年間=1,080,000円

【俺34歳~40歳 子ども6歳~12歳「小学生」】      
「収支費用」
・子供手当 支給額(3歳~15歳 10,000円
10,000円×12ヶ月×6年間=720,000円(6年間)
・妻のパート代金
30,000円×12ヶ月×6年間=2,160,000円(6年間)
「出費費用」
・育児費(10,000円)
・光熱費等加算(5,000円)
・おこづかい(5,000円)
【小学校】
公立小学校 (6年間)   600,000円
私立小学校 (6年間) 5,000,000円
--------------------------------------------------
20,000円×12ヶ月×6年=1,440,000
1,440,000+600,000=2,040,800円

2,160,000円+720,000円+2,040,800円 839,200円
----------------------------------------------------------
費用(6歳~12歳)839 ,200円(6年間)

留守家庭児童育成センター(学童保育)
月曜日~土曜日(※日曜日・祝日・年末年始を除く)
午前8時30分~午後5時まで
児童一人当たり8,200円+おやつ・行事代 2,500円

【俺40歳~43歳 子ども12歳~15歳「中学生」】
「収支費用」
・子供手当 支給額(3歳~15歳 10,000円
10,000円×12ヶ月×3年間=360,000円(3年間)
・妻のパート代
30,000円×12ヶ月×3年間=1,080,000円(3年間)
「出費費用」
・育児費(10,000円)
・光熱費等加算(5,000円)
・クラブ代(5,000円)
・おこづかい(5,000円)
・携帯代(2,500円)
・雑費(2,500円)
【中学校】
公立中学校(3年間)  500,000円
私立中学校(3年間)3,000,000円
---------------------------------------------------
30,000円×12ヶ月×3年=1,080,000
1,080,000+500,000=1,580,000円

1,080,000円+360,000円+1,580,000円 140,000円
-----------------------------------------------------------
費用(12歳~15歳)ー140 ,800円(3年間)


【俺43歳~46歳 子ども15歳~18歳「高校生」】
「収支費用」
・妻のパート代
30,000円×12ヶ月×3年間=1,080,000円(3年間)
「出費費用」
・育児費(10,000円)
・光熱費等加算(5,000円)
・クラブ代(5,000円)
・おこづかい(5,000円)
・携帯代(2,500円)
・雑費(2,500円)
【高校】
公立高校校 (3年間)   700,000円
私立高校校(3年間)2,166,636円
---------------------------------------------------
30,000円×12ヶ月×3年=1,080,000
1,080,000+700,000=1,780,000円

1,080,000円+1,780,000円 700,000円
----------------------------------------------
費用(15歳~18歳)ー700 ,000円(3年間)

【ココまでの総出費と貯蓄額の推移】

    貯金額5,000,000円

(0歳~3歳)612,000円(3年間)
(3歳~6歳)ー172,800円(3年間)
(6歳~12歳)839,200円(6年間)
(12歳~15歳)ー140,800円(3年間)
(15歳~18歳)ー700,000円(3年間)
-----------------------------------------------------
貯蓄合計金額  4,213,600円

ムムムッ!!!
思ってたほど減っていない。っていうのが本音。結構意外だった。
手当てが何気に大きかったwwww
何とか乗り越えれるか?

【俺46歳~50歳 子ども18歳~22歳「大学生」】
「収支費用」
・妻のパート代
30,000円×12ヶ月×4年間=1,440,000円(4年間)
「出費費用」
・雑費(50,000円)
※子どもにはアルバイトである程度捻出してもらわざるえない
【大学】

入学金と在学費

武庫川女子短大(私立2年)   2,300,000円
神戸大学(国立4年)          2,430,000円
関西学院大学(私立文系4年)3,930,000円
---------------------------------------------------
50,000円×12ヶ月×4年=2,400,000円
2,400,000+3,930,000=6,330,000円

1,440,000円+6,330,000円 4,890,000
------------------------------------------------
費用(18歳~22歳)ー4,890 ,000円(4年間)

貯蓄合計金額    4,213,600円

--------------------------------------------------
赤字           ー676,400円

しかも、ー700,000万円近くもwwwwww

40歳なら給料多少は上がってるから大丈夫だろっ!
と思いたいが、未知の可能性の所に期待するわけにはいかない。
しかも、ここに書いているのが出費の全てではない。
医療保険には入っていないため、ある程度貯蓄がないと・・・
せめて、プラマイ0円にはしておかないとマズイ!!

【選択肢を考える】
①妻のパート金額を増やす
②子どもを産む時期を遅らせる

今考えれる妥当な策としては、②かなぁ。
半年ずらすだけで、条件クリアできるので、貯蓄5,700,000貯まったらスタートに予定を変更

【まとめ】
本気で人生設計を考えてみたが、人生は筋書き通りにならないのだから、難しい。
あらゆる可能性を考え、貯蓄を用意しておくことが大切だと、改めて実感することになった。
老後の資金のことも考えると子どもは一人が精一杯。やっぱり不安だ。
このライフプランを元に、実行することとする。

-【家計簿公開】, 【絶対オススメ記事】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.