~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【スマホ記事】 未分類

【スマホ実質値上げ】iPhoneやめてAndroidの格安スマホが有力候補へ

更新日:

2586486

只今、携帯代金が高いと思っている方に朗報が入りました。

天下の総務省から大手キャリア3社(docomo,au,softbank)へ野次が入ったようです。

機種代金「実質0円」という一部のユーザーへの不公平なことはやめて、料金プランを安くして平等にしろー!!

大手キャリア<じゃあ低容量プラン作りますねwww

実質値上げじゃねええかああああああああああああああああああああああああああ

実質0円をやめるということ

今回、総務省の提案で今回で機種代金「実質0円」の廃止が決まりました。

これがどういうことを指しているのでしょうか??

今までMNP(乗り換え)を他社から行ったユーザーには特典として機種代金を2年間掛けて実質0円にする月額サポートという割引制度がありました。

その月額サポートをやめる変わりに、月額料金を安くするといっているのです。

んん??難しくてよくわからないって??

カケ放題    2700円
SPモード    300円
データ(2G) 3500円
----------------------------
月額料金    6500円

端末代金    2800円(2年分割)
月額サポート -2800円(2年適用)
-----------------------------
機種代金     実質0円

本来であれば月額料金に端末代金を合計した金額が請求されることになっていますが「実質0円」の場合は2年掛けて月額サポートが発生して相殺してくれていました。

実質0円を廃止するということ=月額サポートを廃止するということです。

その代わりに低容量プラン作りますね!!

例)

カケ放題    1700円
SPモード    300円
データ(1G) 2500円
----------------------------
月額料金    4500円

端末代金    2800円(2年分割)
月額サポート    廃止
-----------------------------
機種代金    2800円

月額料金4500円+機種代金2800円=7300円

月額サポートが廃止になったせいで前よりも高くなってるじゃんwwwwww

総務省と大手キャリアが手を組んでいるのでは・・・?これが噂の劇場型詐欺かwwwwww

総務省が絡むとロクなことがない

今までにも総務省が登場して携帯料金を下げるように登場したことが何度かあります。

過去の事例から今回の騒動を観てみましょう。

「キャッシュバック競争が過熱しすぎではないか??」

⇒各社キャッシュバック規制(値上げ)

「SIMロック解除義務化しなさい」

⇒ロック解除させないための端末代金(値上げ)

「機種代金の実質0円は不平等だ、平等にしろ!」

⇒実質0円=月額サポート廃止(値上げ)

総務省が絡むたびに携帯代金高くしやがってなんでこんなことばっかすんだよwwwww

って携帯業界の仕組みを知っている人は思うのです。

純粋にMNP(乗り換え)も何も行なわず、機種変更を行なってきたユーザーにとっては多少安くなるという恩恵があります。

まとめ

じゃあどうすればいいの??

結論からいうとMVNO(格安スマホ・格安SIM)しかないでしょう。

iPhone何それ美味しいの??そんなの諦めてAndroidで我慢しなさいwww

本当にそれしか方法がこればっかりは対策の仕様がない・・・

実際始まったら対策は考えますが、格安スマホの時代が更に加速しそうだなぁ。

個人的おすすめはワイモバイルですがねwwwww

こちらの記事もお願いします。

最安へ挑戦【スマホ維持費を安くする方法】月額料金抑える二つのコツ

-【スマホ記事】, 未分類

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.