~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【ランドセル】

ランドセルは義務じゃないのに人気の秘訣にはワケがあった・・・。

更新日:

pankoubou100-2014-04-09T07_40_25-1

はじめに

日本では小学生になったら、ランドセルを背負って登校するという文化があります。

そのため、ランドセルを購入しなければいけないのですが、どのようなランドセルを買えば良いのか、わからないと思います。

そこで今回は「ランドセルの選び方と考え方」についてご紹介したいと思います。

ランドセルは義務??

根本的はお話になりますが、小学校では絶対ランドセルじゃないといけないのでしょうか??

答えは、NOです。

ランドセルを強制している学校は、ほとんどありません。

なぜランドセルを購入するの?

「小学生にとって実用的」だということが挙げられます。

しっかりと教材を保護し、背負わせることで両手が自由に使え、水に浮く等も含め、安全であるということ。

これらの理由から、やんちゃな小学生に特化しているランドセルが人気だということがわかります。

同じものを持たせ統一させることによって、争いをなくす目的もあるのかもしれません。

ランドセルの選び方は??

小学生にはランドセルが必須だという説明をしましたが、ではどのような「種類・値段」のランドセルを購入すればよいのでしょうか??

ランドセルの素材について

量販店で販売されているランドセルの殆どが、クラリーノと呼ばれる人工皮革が使用されています。

価格もピンキリで、3万円~5万5千円ぐらいが一番多いような気がします。

で問題なのは、どのランドセルを買うかなのですが、判断基準がいくつかあります。

・丈夫であること

・価格

・使いやすさ

ほとんどの方が気になるのが、この3点ではないでしょうか?

でね。ぶっちゃけ我々の地域では、小学生高学年になると、ランドセル背負ってる子ってほとんどいないのです。

詳しく調べてみると、地域によって6年間きっちり使ったりと様々みたいです。

購入する前に、あなたと地域では、ランドセルを6年間背負うのか確かめた方が良いかもしれません。

背負わない理由としては、5年生、6年生にもなってランドセルはダサいwww思う子が多数いるということですね。

まとめ

ランドセルの種類によっては、6年間ランドセル保障しているメーカーもあるみたいですが、そこまでランドセルに拘る必要はないと私は思います。

そして、1万円前後の特売の製品が必ず悪いわけではなく、ランドセルは丈夫に作られているので、6年ぐらいは持つみたいです。

以上の理由から、購入時にフィットしておれば、そんな6年後先のことまで考える必要性はないと判断しました。

ランドセルは孫のために、じいちゃん、ばあちゃんが購入してくれる場合が多いみたいですが、これらの点も参考にしてみてはいかがでしょうか??

-【ランドセル】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.