~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【家計簿公開】 【老後貯蓄】

貯蓄額3,000万円は理想【老後の貯金が無くても老後破産することのない事実】

投稿日:

6f595475944a18f7a39d726be5c46645

【はじめに】

将来年金がないと言われているこのご時勢、老後資金約3,000万円は必要だと言われています。しかし、ただ漠然と3,000万円・・・。一体何を基準に答えを出しているんだという疑問しか浮かばなかったので、実際に自分で老後安心して生活するためには、一体いくらの貯蓄が必要なのかを計算してみたいと思います。なぜ老後破産することはないのかについては最後に示したいと思います。

【最低生活水準は?】

老後何をして過ごすのか決まってないので一概に金額を出すことはできないが、2人暮らしの老後ならば15万円あれば最低限の生活は送れるのではないだろうか?

人それぞれ価値観が違うが、私基準で考えると物価がこのままだと考えるとおそらく問題なく暮らせる。ということで・・・

「定年を65歳に設定し、85歳まで生きると仮定」

月15万円×12ヶ月(85歳-65歳)=3,600万円

3,600万円は最低でも必要ということになる。

【将来年金の貰える額は?】

老後の唯一の収入である年金だが、一体いくらの金額が貰えるのだろうか?

税金が導入されているので、年金が全く貰えないということはなさそうだが、金額が今よりも遥かに下がっているのは言うまでもないだろう。

現在は厚生年金加入者で約16万円程度なので、40年後、5万円ぐらいは貰えるだろうか?

未確定要素である、年金を当てにするべきではないのだが、ここでは一応計算に含むことにする。

月5万円×12ヶ月(85歳-65歳)=1,200万円

【退職金を計算する】

退職金は税金対策として、「一時金+企業年金」という形に分散させるのが一般的だが、私の場合退職金が少ないため非課税なので、一時金を一括受け取り。

勤続年数20年超の場合 「800万円+70万円×(A-20年)」

Aの中に勤続年数を入れるのだが、大卒(22歳)の私が65歳まで働いたら・・・

「800万円+70万円×(43年-20年)=2,410万円」までは非課税ということになる。

がっ!!残念ながら私の退職金は「600万円」こんな計算無意味なのだが・・・

【貯蓄必要額を集計】

絶対必要額3,600万円-年金1,200万円+退職金600万円=-1,800万円

驚くこと無かれ、年金が月5万円しかなかった場合、1,800万円も老後までに貯蓄しておかなければならないことになる。

最低でも1,800万円の貯蓄・・・3,000万円貯めるよりは楽そうだが、本当に可能なのだろうか?

【毎月いくら貯めれば良いのか?】

俺の年齢26歳。定年が65歳と仮定しているので、65歳-26歳=39年間貯めることができる予定なのだが、以前計算した50歳までの人生設計で貯金が尽きることになっている・・・

詳しい詳細はこちら↓

家計簿公開【子育てに掛かる教育費用と不安貯金額を計算 してみた】

だからこそ65歳-50歳=15年で1,800万円を貯めなければいけない。

1,800万円÷15年÷12ヶ月=10万円

1ヶ月10万円の貯蓄ができれば、ギリギリ老後資金に手が届く。

【老後破産することはない?】

ここまで色々計算してきましたが、実際老後までに貯蓄ができなくても破産することはありません。その理由として、生活保護の存在があります。もし近い将来年金が無くなった場合、貯蓄がない人たちは生活保護制度を利用しないワケがありません。そして生活保護は生命に関わるので廃止するは絶対になく、一定の金額を支給し続けるでしょう。

その観点から考えても年金が大幅減益になっても、支給額0円になるということは考えにくく、「困ったら生活保護を受ければいい」と考えている人もいるみたいです。

それが良いか悪いかは別にして、そういう手段を使えば確かに老後破産することはないかもしれません。

【まとめ】

老後資金は3,000万円必要と言われているが、年金が0円だった場合に備えるのであればやはり3,000万円の貯蓄は必要だと考えさせられる結果となった。将来の年金額は不明確なので難しいが、初めから生活保護を視野に入れて人生設計を立てる人はいないと思うので、早い時期からコツコツ貯める必要性があると思います。収入によって貯蓄レベルが違うので、一度ゆっくり考えてみるのも良いかもしれません。

-【家計簿公開】, 【老後貯蓄】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.