~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【人生】

会社辞めたい思ったタイミングが人生をより豊かにするチャンスな理由

投稿日:

shutterstock_173564057r-1038x576

俺は何のために会社で働いてるんだあああああああああああ

この理由は実に簡単で「生活費のため」に他なりません。

このまま社蓄で過ごした未来に何が待っているのだろうか・・・。

月10万円の収益を捨ててまで、ブログをやめた3ヶ月間。

自分なりに考えた結末を皆さんにお伝えできれたらと思います。

ブログを辞めた経緯

私はお金を稼ぐこと、不労所得を得ることが自分の人生を有意義にする方法だと考えこのブログを始めることにしました。

初めは日々PV数と収益が増えることに喜びを感じていましたが、更新しなければいけないというノルマ(仕事)にすり替わってしまっていて、正直苦痛に思っている部分もありました。

特に楽しいことやしたい事もなく、平日は会社に行き、休日はブログを書くという日々が流れていきました。

こんな人生で終着を迎えて「満足いく人生だった」と思えるのだろうか・・・。そう本気で思ったのを覚えいます。

そんなある時、堀江貴文さんの本を読んでいて「苦痛であることは辞めて楽しいことだけすればいい」という言葉に感化され、ブログを辞めて新しいこと・やりたいと思ったことを始めよう!!

「餃子専門店を出店」という目標に向かって取り組み始めました。

しかしそれが大きな間違いであったと気付いてしまいました・・・。

変わることのない事実

お金を稼ぐことをやめ、自分のやりたいことをするという人生観が変わったことは、今考えても非常に大きな財産だと思います。

しかし何一つとして変わらなかったことがあります。

労働8時間の拘束

安定した収入を得るために、自由の時間を削る。これが労働であると考えます。

本当にしたいことがあるなら、独立した方がハルかに自由がききます。

時間には限りがあり、何かをするためには、何かを削らなければいけない。

私は無意識に「8時間もの労働が伴う会社ではなく、ブログを削った」のです。

生活を言い訳にして会社にしがみついた人生計画を立てていたことに我ながら呆れました。

堀江隆文氏や勝間和代氏などから、経験知識を自己啓発本という形で疑似体験させてもらい、価値観に共感し理解していたつもりでした。

労働の8時間をブログの時間に当てたら、給料分は稼ぐことはできていたはずなのに、その選択肢すら浮かばなかったということは、理解したつもりに他ならなかったのでしょう。

リスクを取れないことがリスク

家庭があることを言い訳に、行動できない自分がいます。

会社を辞めて安定した収益を貰えないと生活できないかもしれません。

人脈も信頼もない私が今、辞めたら生活できないのは目に見えています。

いや本当にそうだろうか・・・?

失業保険だってある今、リスクとって辞めても問題ないのではないだろうか?

これを書いている今、完全に踏み出すことができていない自分がいます。

だが俺は進む!!前に進み続けることをココで誓おう。

まとめ

私が何を伝えたかったのかご理解いただけただろうか??

自分自身、書いて整理したかっただけかもしれない。。

これは全て実際に私の身に起こったことで、皆様にも疑似体験として価値観を共有したかったというのも本音だ。

心機一転、今日が新しい一歩を踏み出すいい機会になりますように。

おまいらにも幸(勇気)あれ。

-【人生】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.