~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【葬儀】

【家族葬と直葬(火葬のみ)について考える】費用を安く抑える方法

更新日:

悪徳業者に引っかからないために
 
まだ考えなくてもいいだろうと思いがちな葬式についてですが、いつどのようなタイミングで起こるかは正直誰にもわかりません。喪主はパニック状態に陥ってしまい冷静さを保てないとよく言います。その結果、葬儀屋の言う通りに葬儀を行ってしまう人がほとんどの割合を占めています。悪徳業者の言いなりにならないように、事前にある程度家族感で定めておくことが大切なのです。
 
そもそも、葬式とはなんのためにするのか?
結論から言うと「残された家族の気持ちの整理のために行う儀式」
故人に対する気持ちと、家族が現実を受け入れるために行うものであり、家族葬か直葬かは問題ではないのです。その残された人の心の整理がきちんと行われるのであれば、問題はありません。亡くなった後、輪廻転生するとか、極楽へ行けるようにとか色々説がありますが、幻想や妄想であって、実際はどうかはわかりません。わからないことを考えるよりも、今を生きている人が幸せに生きることが大切なのではないでしょうか?もちろん故人に対する感謝や思いやる気持ちは大切です。しかし、あくまでも気持ちであって葬儀方法ではないのです。
 
葬儀の手配は市役所がお得
病院でお亡くなりになった場合、病院お抱えの葬儀屋がすぐにやってきます。
その葬儀屋で家族葬まで全てを依頼した場合、安く見積もっても平均100万円程かかる統計が出ています。安い金額にしようと思っていても、パニック状態で金額を調べる時間もなく、あれもこれも。と言いなりになって膨らんでゆくケースが多いです。
一方、市によって異なりますが、市役所でも葬儀・火葬等を行ってくれます。市役所お抱えの葬儀屋さんということです。金額は(地域差がありますが)家族葬であれば、火葬込で20万ほど(安くすると12万)。直葬(火葬+移動+保管費等)は諸々合わせても約7万円で行うことができます。
※事前に住まいの市役所で確認を取ってみるのが一番良いです。
 
直葬(火葬のみ)で絶対にしてはいけないこと
「神を信じていない・お金がない」という理由で喪主単独の意見で、直葬を選んでは絶対にいけません。
・親戚がいる場合
親戚がいる場合は必ずと言っていい程、現代社会では文句を言われます。
本人(故人)の意見・希望を事前に聞いておき、周りと話し合い意見を合わせておくことが大切です。
・家族の気持ち
家族の気持ちの整理をする時間ですので、周りの人たちの思い・希望を考慮しなければいけません。
 
※お寺にお墓がある場合は事前に、事情を説明しておかないと、納骨してもらえない場合があるのでご注意
 
自分が故人になった時、家族葬にしてもらうか、直葬にしてもらうかを本人が希望するのは簡単ですが、残された家族・親戚がどちらを選択すればよいか?という結論は現実に直面した時でなければ、結論はでないと思います。
結論ではなく、あくまでも選択肢を広げるための方法として、事前に話し合いをすることが大切です。

 

-【葬儀】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.