~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【定期券】

御堂筋線の定期券【OSAKA PiTaPa VS 磁気定期券】の安くお得に購入方法

更新日:

2014528192659tqiwp

はじめに

通勤や通学経路で大阪市営地下鉄御堂筋線を利用するので、定期券を安く購入したい!!利用したい!!と思う人は多いと思います。

そこでIC定期券と磁気定期券を比べるわけですが、当然のことながら、IC定期券を選ぶと思います。

私も地下鉄御堂筋線でなければ、IC定期券を選んでいたでしょう・・・。

今日はそんな特別な裏技や購入方法についてご紹介したいと思います。

定期券の種類の選び方

定期券の種類は大きく分けて二種類あります。

「IC定期券」と「磁気定期券」です。

どちらにもメリット・デメリットがあるので詳しくみていこうと思います。

っとその前に今回は地下鉄御堂筋線に限定しているのでIC定期券を絞ります。

御堂筋線を使うなら区間定期券を設定できる「OSAKA PiTaPaマイスタイル」一択です。

IC定期券(OSAKA PiTaPaマイスタイル)

メリット

・タッチ一つで通ることができる。

・乗越清算をする必要がない。

・乗車範囲が広がる。

デメリット

・クレジットカードであること。

・JRに対応していない。

磁気定期券

メリット

・お好みのクレジット払いが可能。

・裏技がある(後で紹介)。

デメリット

・取り出す、乗越し等の手間が非常に掛かる。

ここまで見てわかる通り、IC定期券とは磁気定期券の手間を省くために出来たモノということがわかります。

そして、OSAKA PiTaPaマイスタイルの一番の魅力は、乗車範囲が広がる点です。

乗車口と降車口を初めに登録するのですが、その周辺の駅も乗り降り自由になるというものです。

例)梅田から心斎橋が登録駅であれば、なんばまで乗っても無料になるということです。

※必ず登録駅を含める必要はあります。「梅田←→なんば 本町←→なんば」

実際にこちらのサイトで確認してみてください↓

利用額割引マイスタイルシミュレーション

IC定期券と磁気定期券どっちがいいの?

ここまでIC定期券の良い所を説明してたのですが、私は磁気定期券を購入しています。

その理由は「クレジットカード」にあります。

IC定期券(OSAKA PiTaPa)の場合は、クレジットカードを作成する必要が実はあります。

そして定期代金はOSAKA PiTaPaを通して支払われることになります。

ポイント還元率が全く違う

・OSAKA PiTaPa「0.5%」

・磁気定期券(好きなクレジットカード)「1.5%」

※私はREXカードで定期券の支払いをします。

定期券の金額って何気に大きくて、私の場合だと6ヶ月定期で「15万円」にもなります。

12ヶ月に換算すると、なんと30万円の支払いが行われているのです。

30万円×0.5%=1,500円

30万円×1.5%=4,500円

年間3,000円の差額がでることになります。

マイスタイルの乗車範囲が広がった利点と手間を考えると・・・。

五分、いやOSAKA PiTaPAの方が良いかもしれませんね。

大声では言えない話。

地下鉄御堂筋線「梅田駅」の改札には他の改札とは異なっている点があります。

「磁気定期券の場合、乗車履歴がなくても、定期券で降りることができる」ということ。

つまりどういうことかというと・・・。

定期外区間の場合でも、一駅分の切符を購入し改札に入れば、改札に出る場合は切符を入れなくても定期で出ることができる。

しかも凄いことに、御堂筋線は「四つ橋線」「中央線」と連絡線として繋がっているため、どこで乗っても、最後は梅田で降りれば、乗車時一駅分の金額で乗り降りが可能だということ。

※これは犯罪なので、絶対に行わないでください。

まとめ

結論を出すと、クレジットカードが高還元率カードじゃない場合は、IC定期券にしておいた方がお得だということになります。

阪急電車や近鉄線であれば、株主優待券等の色々な方法があるのですが、御堂筋線に関しては取れる手法が少ないのでOSAKA PiTaPaが良いと思います。

JRに対応していない点はちょっと手間なので、チャージ式のICOCAとの二枚で対応ばっちりです。

磁気カードの方はクレジットカードの選び直しをおすすめします↓

高いスマホを月額料金2,000円で一番安く持つ方法【SIMフリースマホAndroid

-【定期券】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.