~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【株】

株なのにリスク0%【トヨタ新型株】素人こそ買うべき満場一致のワケ

更新日:

 toyota-march-and-2014-production-domestic-sales-and-export-performance20150424-1-min1-672x372

【はじめに】

前代未聞の元本保証付きのリスク0%の夢の株と持ち上げられているトヨタ新型株。元本保証してくれると書いているが本当に損しないのか、配当はきちんと貰えるのか・・・うまい話には裏があると言われるぐらいなので、疑って掛かりたくなりますよね。そこでメリット・デメリットを考えながら、本当にうまい話なのかを検証したいと思います。

【リスクは0%ではない?】

メリット
・元本保証(リスクが0%)
・値上がり益が狙える(トヨタ自動車が20%以上、上昇の場合)
・配当が貰える(平均1.5%)
・インフレヘッジ(デメリットになる可能性もあり)

デメリット
・5年間売却できない
・NISA(ニーサ)枠では購入できない
・配当金支払い先延ばしの可能性がある
・5年後トヨタ倒産したら紙くず
※個人投資家にとって5年間売却できないというのは投資チャンスを逃すリスクが大きいため資金と要相談?

【いくらで購入できるのか?】

新型株の発行価格(株価)はトヨタ自動車の普通株の126%~130%の間です。
平成27年6月18日現在の株価は8,184円です。
つまり、発行価格決定日がこの時期を書いた18日であれば。
10,311円(126%)~10,639円(130%)の間ということになります。
100株単位なので、「約103万円~106万円」が最低購入価格ということです。

【配当利回りの仕組み】

配当金が○○%と言われてもなかなか実感がわかないと思うので、100万円で購入した場合でシミュレーションしてみます。

配当利回り(平均利回り1.5%)

1年目 0.5%  5,000円
2年目 1.0% 10,000円
3年目 1.5% 15,000円
4年目 2.0% 20,000円
5年目 2.5% 25,000円
6年目~2.5%

銀行なんて100万預けていても300円とかですからね。それに比べたらかなりの良案件ではないでしょうか。しかし気になるのが、業績が悪ければ、配当金支払いを遅らせることができるという点。世界のトヨタが万が一の事態になるとは考えたくないが、5年もあれば何があるやら・・・

【5年間持ち続けるとどうなるのか?】

①引き続き、元本保証株として保有する
②発行価格での買い戻し要求(H32/10/1以降)
③元本保証株(1株)をトヨタ自動車株(1株)に転換(H32/10/1以降)

選択肢は3種類用意されていますが、5年経過後に、トヨタ自動車の普通株が購入価格よりも上がれば③トヨタ自動車株に転換して、それを売却して利益確定。トヨタ自動車の株が下がっていれば、②発行価格での買い戻し請求(元本保証なので、購入価格で買い取ってくれる)ということです。気になるのが①の5年後以降も元本保証株で保有し続けれるとは書いているのですが、強制的買収される可能性があるという点です。平成33年4月以降から会社側にオプション(権利)が発生するので、トヨタ次第ですが、元本保証株として持ち続けるのは難しいかもしれません。

【トヨタ新型株(AA型種類株式)は得なのか?】

なんといっても最大のメリットは元本保証してくれるのでリスクが0%なのに関わらず、配当金(5年平均1.5%)が貰えることでしょう。
おまけ程度として、5年後にトヨタ自動車の株が上昇していれば、利益も確保できると言ったところでしょうか?(トヨタ新株は普通株の81万円の126%増しの価格(103万円)で購入しなければならないので、利益を出そうと思えば、トヨタ自動車の普通株が5年以降に103万円以上の価値になった差額が利益に繋がるということです。)

わかりやすくよく利用される学資保険と比較

子どもの教育資金を貯めるために、学資保険を掛ける人が多いですが、掛ける人のほとんどが、掛けた金額よりも多くの金額を得られるからだと思います。
その掛け金額を配当と同じような利率に直すと一番お得な学資保険でも利率1.2%程(トヨタ新株1.5%)

学資保険のデメリットとしてはこんなのもあります。

・返戻率が低い(利率が低い1.2%以下)
・途中解約するとむしろ損する
・インフレヘッジが全くできない(物価が上がっても学資保険の祝い金等は一定)

これとトヨタ新株を比べてみてください。

・配当金が5年平均で1.5%
・途中解約はできないが、学資保険と比べると5年間と短期間
(元本保証付きなので、安心)
・インフレヘッジにもなる
(購入価格が約2割増しの金額なので、5年後に20%以上、上昇が条件となるが、定期預金や学資保険よりはかなり優秀)

学資保険にももちろん、学資保険加入者が亡くなった場合、支払い義務が無くなるというメリットはありますが、何のための死亡保障・・・。ってことになってくるので、「銀行定期<学資保険<トヨタ新型株」という位置づけでしょう。得かどうか?ではなく、投資をしていない人にこそ、おすすめしたい株になります。

学資保険の詳しい詳細はこちら↓

学資保険【入るべき人と不必要な人】資金運用方法の違いとは!?

【どうやって購入すればよいのか?】

「野村證券」で取引することができます。あくまでも主幹事が野村證券ということであって、他の証券会社でも購入できるようになる可能性は高いです。第一弾として2015年7月2日~7日に発行価格が決定します。申込期限は7月22日までなのでご注意ください。口座開設するのであれば、3日~7日の時間を頂戴していると明記されているので、2週間ほど掛かるかもしれませんね。申込みを希望の方はお早めに行動した方が良いでしょう。

【まとめ】

ネットやツイッター等色々見ましたが、賛否両論が飛び交っています。しかし、満場一致で言えることが一つだけありました。「定期で預けるぐらいなら、トヨタ新型株が断然お得」ということ。定期預金をしていても、何一つとしてメリットはありません。それに比べトヨタ新型株は、「リスク0%+配当金(平均1.5%)+インフレヘッジ」ができるので、十二分にマシだということです。ですので、株をしていない人にこそ持ってこいではないでしょうか。定期にお金が眠っているなら、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事なので宜しければどうぞ↓

貯蓄額3,000万円は理想【老後の貯金が無くても老後破産することのない事実】

-【株】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.