~最新スマホを低価格で一番安く持つ方法を中心に~

【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】

【転売】

トレーディングカード【遊戯王】転売ショップで利益を出す方法

更新日:

B0dlkWiCIAAgcjI

はじめに

遊戯王カード。男の子ならば誰しもが一度は遊んだことがあるという伝説のカードゲームなのだが、近年転売方法に大きな変化の波が押し寄せている。

ハーピィの羽箒で40万円程利益を上げたつわものまで出現しており、自分の好きな趣味で、お金を稼げることほど幸せなことはない。

コナミに遊戯王デュエリストのプロ枠で採用して欲しくて、電話を掛けようと思ったぐらいだ。

私は遊戯王で本気で生計を立てたいと一度は考えたが諦めた人間・・・。現在遊戯王で儲けたいと思っている人の参考になればと思う。

一世を風靡したサーチ

別名スベリサーチとも呼ばれ、パックの一番後ろがウルトラレアカード、後ろから2枚目がスーパーレアカードの加工の滑りやすさを利用したサーチ方法だ。

技術職とも言われるこの方法だが、練習すれば誰でもその違いがわかり、当たったらすぐに転売することで大きな利益を上げることができた。

しかし時は流れ、遊戯王カードを取り扱っているコンビニエンスストアがパックのレジ後方への移動を開始したことによって、2010年頃に衰退していった・・・。

最新サーチ情報としては、パックの重さを量るのが主流らしいが・・・。少しだけ重たいらしいwww

それによって、効率化を上げて、収益率を上げてるみたいだ。

コンビニの店員さんでも選ばせてくれる人もいるが、声掛けるのも正直メンドクサイから、地域によるのが現状だと思われる。

転売ルートを確保する

転売において一番重要なのが「仕入れ」なのだが、遊戯王カードの仕入れは正直難しいのが現状である。

通常のショップであれば、売り手と買い手のサヤを取るわけだが、個人ではなかなか・・・。

まぁそんな上手い話があれば、誰かが始めるわけであって・・・

売りのルートはいくつか用意されており、ヤフーオークションや、コミュニティーサイトでもやり取りが昔から行われている。

一番面白く現実身があると思うのが、メルカリでの個人店舗営業。ある程度しっかりとした価格帯での販売を行うことや、営業をかけることによって、それなりの収益を見込むことができると思う。

個人がショップを行う場合はやはり、時代の流れから言ってもネットショップが重要だと考える。

余談ではあるが、最初にお話した通り、ハーピィの羽箒で40万稼いだ猛者がいたが、禁止カードだった時、買いあさりまくって300枚ぐらいキープしてたとのこと。

禁止カードになっても、制限カードとして戻ってくるパターンが多く存在し、同じようなことをしているショップや個人が多いため、正直おすすめできない。

禁止カードからいつ戻ってくるのかもわからないのに、永遠に持ち続けるのは正直しんどいだろう・・・。

個人売買空間提供事業

遊戯王を扱っている店舗でたまに見かけるのだが、お店がスペースを提供してあげることで、お客さん同士の売買を可能にし、その売上の3割を抜くという事業なのだが。

この方法のメリットとして

・空間を提供するだけでよいので、在庫を処分したり、買い取ったりする必要性が一切ない。

・顧客からすると店舗に販売するよりも、3割取られてでも自分のつけた価格で販売した方が利益になる。

・お客が売り出し価格を一番にチェックできるのがスペース提供店舗であり、お買い得商品であれば、自ら購入し店舗に並べることで、利ざやを取ることができる。

一つデメリットをいうと、お客様同士の売買になるため、時間が掛かる恐れ非常に高いということ

店舗としては、カード管理をしっかりとするだけなので、そこまで手間もなく非常に面白いと私は考えていた。

そういう店舗を出すのであれば、人が集中した場所、デュエリストが集う場所に店舗を構える必要性があるのだが、トレーディングカードショップにも暗黙のルールが存在するらしく、新業態の店舗を出したら嫌がらせ受けると情報は聞いたが、定かではない。

コナミ プロデュエリスト採用枠

実はプロデュエリストの道もないこともないのでは!?と私は考える。

その理由として、遊戯王の世界大会等で成績を残し続け、コナミの遊戯王部門に就職できる可能性があるからだ。

アニメの中でのプロデュエリストはデュエルをすることで、金銭を得ているが、遊戯王カードの仕組みを支えるプロとして活躍は可能なのではないだろうか?

是非ともこの道も、検討の一つとしていただきたい。

まとめ

ここまで本気で遊戯王カードで儲ける方法を考えてきたわけだが、どんな方法をとってもリスクが付きまとう。

そして何よりも、遊戯王カードという商材がいつまで継続的人気を保つことができるのか?ということ。

遊戯王カードの歴史は非常に長く、年々新しいカードが発売されるので、それに伴いルールが物凄く複雑になってきており、新規デュエリストの数が増えていないというのが現状である。

将来ずっと遊戯王一本で、商売ができるのか?と言ったら、無理だ。。。という結論に至り、私はこの道を諦めることにした。

トレーディングカードの枠組みでいうと、戦略的分野で非常に頭を使うので、今後も何らかの形では残っていくと思う。やるのであれば、トレーディングカード専門ショップだが、それに加えて何か付加価値を付けなければ、店舗は潰れてしまうだろうと推測できる。

我々が楽しくデュエルできるのは、トレーディングカードショップがあってこそなので、是非とも応援したいが、じっくりと考えてから実行することをおすすめする。

-【転売】

Copyright© 【生涯3000万円の無駄を省く節約ブログ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.